Walk in home Plusの特徴

お施主様にプラスの住宅提案を

Walk in home Plusとは?

スピーディに、わかりやすく、提案が伝わる。
住宅営業をトータルに支援するプレゼンCAD。

CADソフトは、2次元か3次元か、素人向きかプロ向きか、プレゼン用か設計用か、など種類はさまざまです。そのため、使う人の目的に合ったものを選ぶ必要があります。

Walk in homeは営業支援を重視したプレゼンCADです。CADがまだ設計図を書くためのソフトだった頃、営業担当とお施主のコミュニケーションツールとして開発されました。

目の前ですぐにパースが立ち上がるそのスピードと操作性、そして手軽さは今でも他ソフトの追随を許しません。このことは同ソフトが現在も多くの住宅メーカーや工務店に主力営業ツールとして使用されていることが物語っています。

また、毎年バージョンアップを重ねるうち、プレゼン重視でありながらも単なるプレゼンソフトではなく、図面・積算等も十分実用に足るプレゼンCADとして成長しました。

Walk in home Plus の “3つの特徴”

特徴1

『簡単入力なのに“感動プレゼン”』
3Dパース上で素早く入力や変更ができ、リアルタイムに様々なシミュレーションができます。ドア・窓の開閉やウォークスルーなどインパクトのある動画プレゼンはお施主様との対面打合せで最も威力を発揮。その場で変更・修正が可能なため、打合せ回数や期間を大幅に短縮できます。手描き調他のレタッチやプレゼンボード作成機能も標準搭載。今話題のVRにも対応します。

特徴2

『プレゼンツールなのに“図面・見積連動”』
単なるパース作成ソフトではなく、各種設計図書の作成や積算・見積、さらには斜線や採光、構造チェック、外皮計算などのCAD機能も充実。今まで時間のかかっていた業務をトータルに効率アップします。N値計算のほか長期優良もしっかりアシスト。リフォーム工事では改築・増築・既存エリアの数量を拾い分けて見積書を作成します。

特徴3

『シンプルなのに“豊富な拡張性”』
営業活動に必要なほとんどの機能は標準で搭載しながらも、天空率計算、通風シミュレーション、V-Ray高画質レンダリング、エクステリアパッケージ、4D動画オプションなどの拡張機能も充実。JW-CADとのデータ連携、見積・発注・原価管理などへの業務連携、スマホやタブレットなどモバイル機器での活用など、様々な用途に応じて機能拡張が図れます。