製品概要

商談を円滑に進める、最高のパートナー

製品構成

Walk in home Plusは、目的別に以下3種類のパッケージをご用意しています。

スタンダード版
プレゼンテーションに必要な機能を搭載し、営業支援を目的とした基本パッケージ
プロフェッショナル版
営業支援を目的としたスタンダード版の機能に加え、設計支援機能も搭載したパッケージ
エンタープライズ版
営業支援・設計支援機能を搭載したプロフェッショナル版に加え、見積支援機能も追加されたパッケージ
項目 スタンダード版 プロフェッショナル版 エンタープライズ版
平面図(1/100・1/50)・立面図・断面図・配置図
外観・内観・鳥瞰パース
日照シミュレーション
リフォーム指示・ビフォーウィンドウ
自動積算・リフォーム積算
構造チェック(直下率・偏心率)
採光・換気・排煙計算
土地条件付プラン検索・斜線チェック
プレゼンボード作成
画像加工(手描き風レタッチ他)
ウォークスルー(動画作成)
ZEH判定(外皮性能計算・BELS対応)
スマートフォン・タブレット対応(VR・AR)
各種インポート・エクスポート
ラジオシティ
通風シュミレーション<オプション>
V-Ray<オプション>
各種設計図書(構造図・伏図・設備図・面積表 他)
構造パース(木軸)
N値計算
ボード割付
長期優良アシスト
日影計算
シックハウス換気計算
天空率<オプション>
見積書(工事別)
見積書(部屋別)
実行予算書(原価算出・利益管理)
発注書(分離発注)
  • ●画像出力形式・・・出力可能な画像フォーマットは、wmf ・bmp ・dxf ・jwc の4種類です。
  • ●動画出力形式・・・作成可能な動画フォーマットは、avi 形式です。
  • ●ネットワーク対応・・・社内LANまたはVPNに対応しています。
  • ●長期優良アシスト・・・長期優良住宅対応(性能表示チェックシート等)。
  • ●エクスポート・・・dxf(3D)・共有ファイル(dtx)・宮川プレカット CAD(I/F ファイル)・RIKCAD(I/F ファイル)・ADSWINファイル ・DMFファイル
    ・アークレンダーファイル ・3DSファイル ・VRMLファイルに変換できます。
  • ●CEDXM・・・CEDXM(シーデクセマ)形式へのデータ変換ができます。

推奨動作環境

快適にご利用いただくために、以下の環境を推奨します。

通常使用時
OS Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10
CPU Core i5 以上(最低 Core2 Duo)
HD空き容量 インストール用に6.0GB 以上の空きが必要
メモリ(RAM) 4.0GB 以上
ビデオメモリ(VRAM) 専用グラフィックボード 1GB 以上
表示解像度 WXGA(1280×768)以上 24 ビットフルカラー/ハイカラー
インターフェイス USB ポート×1(プロテクトチップ(※) 接続用に必要)
※複数のPCにインストール可能です。ただしプロテクトキーを接続したPCのみ使用可能で複数台の同時使用はできません。
※V-Ray使用時は2ポート必要
※ネットワークライセンス版はUSBポート不要
V-Ray(オプション)使用時
OS Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10 (いずれのOSでも64bitのみ対応)
CPU Core i7 以上(最低 Core i5)
メモリ(RAM) 8.0GB 以上
ビデオメモリ(VRAM) 専用グラフィックボード 2GB 以上 (GeForce GTX960 同等またはそれ以上)
表示解像度 WXGA(1280×768)以上 24 ビットフルカラー/ハイカラー
インターフェイス USB ポート×1(USBドングル(※) 接続用に必要)
※複数のPCにインストール可能です。ただしプロテクトキーを接続したPCのみ使用可能で複数台の同時使用はできません。
  • 【バージョン15以下をご使用の方】
  • Walk in home15以前はWindows10については正式対応しておりません。
    Windows10をご利用の方は、正式対応のWalk in home16を推奨しております。